エステティシャンの仕事内容や求人選び

探し方や選ぶ際のポイントについて

美しくなりたいという人が増えた今の時代では、エステサロンも一昔前とは比べ物にならないほど多くなりました。エステティシャンとしてサロンで働きたいと考えている人も少なくはありません。しかし一口にエステサロンといっても数多く存在しており、それぞれ施術メニューにも違いがあるので求人を探す時には、自分の希望に沿った仕事内容かにも注目しておく必要があります。給与や勤務時間にばかり気を取られてしまいがちですが、働いていく上では仕事の内容の違いはかなり重要になることは間違いありません。求人情報を見れば、給与や勤務時間などはチェックすることができますが、詳しい仕事内容までは載っていないことも多いので、しっかり確認してから決めるべきです。

エステティシャンの基本的な仕事の内容とは

エステティシャンはお客さんの施術をすることが仕事というのは確かですが、当然それだけではありません。受付や電話対応をしたり、相談を受けてアドバイスやカウンセリングを行わなくてはならないエステサロンもあります。そのほかにも営業や販売もあり、ノルマが課せられているケースもあるので、どの範囲まで行わなくてはならないのかに注目しておくことは必須と言えます。掃除や顧客情報の管理といった雑務もあれば、アフターフォローを行ったりとエステサロンで働く上ではありとあらゆる業務をこなす必要があります。

注意しておくべきポイントについて

中には未経験者も歓迎という募集もありますが、実際には経験があったり資格を持っている人の方が有利ということは確かです。もちろん、未経験者でも採用されないというわけではありませんが、働いていく中で学んでいか資格の取得をすることが必須となっているケースも多いです。手に職をつけたいと考えている人や、資格の取得を考えている場合には資格取得のサポートをしてくれる先を選ぶべきですが、そうではない場合には資格を取得しない時にはどのような仕事をしていくのかを、細かく確認しておくべきではないでしょうか。エステティシャンとしてお客さんを施術できるのは、資格を取得している人だけとなれば、資格を持たない人は雑務をメインに行うこともあるので気をつけましょう。求人情報に掲載されている仕事内容は、ごく一部のことであるケースも多いので、実際に働く上で行うのはどんな仕事の内容なのかを把握することが必須と言えます。